産業祭

週末は地元産業祭です。会社を売り込むちょうど良い機会としての参加表明だったのですが、思っていた以上に大掛かりなイベントのようで、チョッピリ期待が膨らみます。

 

サラリーマンをやっていた頃は、いくら売上が上がらなくても月が変われば気分一新!気持ちだけはリセットできたものですが、個人事業ではそんなこと言ってられません。

 

仕事があると『面倒臭いなぁ』なんて思っていた怠惰な日々が、今となっては懐かしくもあります。

仕事がない‥‥という恐怖心と常に向き合う日々は、恐らくこれからも一生続くのでしょうけど、それ以上に仕事に対するやり甲斐は感じています。こんな生活を長く続けられるためにも、もっと頑張って仕事をとり続けていきたいものです。毎日が楽しいと思えているということは、多分、良い仕事が出来ているハズ。僕のような者に、お仕事を与えて下さるお客様に、良い恩返しが出来てると嬉しいなぁ。