絶倫ニジマス

絶倫ニジマス?!
何の事かわかりませんよね。(笑)

 

こちらのニジマスは群馬県の水産試験場が開発?した釣り(游魚)専用のニジマスなのです。パッと見て、普通のニジマスとどこが違うのか判別に困ってしまうのですが、一度針に掛けてしまえば普通のニジマスとは異次元の強烈&暴力的なファイトを見せてくれます。今、巷では結構話題のニジマスなのです。

開発といっても遺伝子操作といった類ではなくて、飼育し易く鰭が欠損し難い「箱島系」と引きが強い「スチールヘッド系」との交配により生まれ、通称『ハコスチ』と呼ばれています。

 

 40cmを超えたあたりから、ロッドがへし折れるんじゃないか‥‥というような危険極まりないファイトが延々と続きますから、数引き釣り上げると流石に腕が痛くなります。魚を掛ける事自体は、普通のニジマスよりも逆に釣りやすく感じますから(放流直後だけは気難しいみたい)初心者にはもってこいでしょう。でも、この引き味を最初に味わっちゃったら、普通のニジマスが物足りなくなっちゃうかも知れませんけどね。

 

今回は、久しぶりのお休みをいただきまして、半日だけ楽しんできました。