温泉巡り

『温泉巡り』なんて趣味があるわけではないのですが、冬になると雪深い県北の温泉地には必ず訪れていました。いつもならチェーンを履いて、気合い入れて出掛けるのですが、今回は失念。チェーンを履かなくても行けるギリギリまで北上し、猿ケ京温泉の『まんてん星の湯』に行って来ました。

この施設ができた当時に、一度だけ伺ったことがありますが、当時の記憶は既にないので(笑)実質、初見みたいなものですね。

一階と二階にある休憩室(食事処)からは赤谷湖の見事な眺望。これだけでもおすすめです。

 

お風呂は開放感たっぷりの吹き抜け天井。洗い場の仕切り板がないのも、それに寄与しています。ただし、混雑時には隣の人への配慮が必要でしょうけどね。

露天は庭園風。三器の浴槽は、バブル、掛け流し、ジェット?とそれぞれ個性があります。内湯のメインは熱め、それ以外は『ぬるめ』ですので、ダラダラを入るには快適でしたね。

温泉というより公衆浴場の延長といぅた感じ。

 

自宅の近所には、もっと本格的な温泉がたくさんありますが、何も鉱泉の質だけが温泉の全てではありませんね。こういうのも悪くないです。