ホイチョイムービー

 我が青春のリアルタイムムービーも、いつしか若かりしを偲ぶノスタルジー動画になってしまいました。

 

こんなDVDを所有していると、目の前にある使い慣れたPCが、一瞬で古き良き時代に戻ることのできるタイムマシンになってくれます。

 

『私をスキーに連れてって』に始まったホイチョイムービー三部作、最後を締めくくる『波の数だけ‥‥』。

最近の、いたるところに布石が散りばめられた、奥深いストーリー展開の映画ばかりに慣れてしまった我々にとって、拍子抜けしてしまうくらいシンプルな『あらすじ』が、逆に新鮮に感じてなりません。

 

スマフォはおろか、携帯電話もなかった時代ですが、もう一度あの時代に戻れるのであれば、現代の文明の利器を捨てることに未練はありません。

世の中、少し不便な位がちょうど良いのかもしれませんね。