補助事業

 先日、採択された補助事業の説明会に参加してきました。手引書自体は分厚いモノでしたが、中身は事前に聞かされていた内容そのものでした。

しかしながら、この手の読み物?は自分で読んで理解するよりは、人様に読み聞かせていただいた方が、多少なりとも理解が早いですね。資料だけ送られてきたら、恐らく、得意の『斜め読み』で(笑)曲解必至でありましょう。

 参加した商工会議所は遠かったのですが(いつもお世話になっている商工会議所が、あまりに近いもので‥‥)参加した甲斐はあったのかな、と思っています。

 

 自分の事業を推進するにあたり、目下の壁は『自己資金』。その辺のお話も、商工会の担当者の方が凄く面倒を見てくれています。そろそろ銀行さんにお世話にならないとかな?‥‥と思っていたのですが、今回もビックリするくらいの低金利で融資を受けられそう。今返済をしている公庫の融資も、かなり金利は低いのですが、さらに低くなるみたいです。早期返済で借り換えして一本化も提案してもらいました。商工会様様ですね。
サラリーマンの方には縁がないかもしれませんが、僕のような小規模事業者には、商工会議所は強い味方になってくれますね。(担当者にもよるのかな?)