凧揚げ

 保育園に通うチビの影響で、最近ちょっとだけ『凧揚げ』に萌えです(笑)

自分が子供の頃、駄菓子屋で売っていた『奴凧』は、なかなか飛ばすのが大変(すぐに壊れるし)な代物。そんな中、アメリカのNASAの技術から生まれた『ゲイラカイト』の登場は衝撃的でした。ただ、それが出回る頃には凧揚げに対する興味は失せていましたけどね。

 あれから40年以上の月日の中で、凧揚げなんて『これっぽっち』も頭にありませんでしたが‥‥。

 

 今では様々な形状の凧が売られていて、ネットで見ていて飽きないのですが、どれも簡単に上がってしまうのには驚きです。ちょっと風が吹けば、200〜300mの高度までなら、あっと言う間に上がりきってしまいます。値段も安価なのがいいですね。まぁ、凧を上げてから‥‥そこから『何をするか』と言うと、結局は何の目的もないのが目下の悩みではあります。アクションカムをつけて航空写真(動画)とかも撮れそうですが、民家の多い場所だとプライバシーの問題も出てくるでしょう。

湖とかで飛ばして、キャスティングでは届かない沖合への『仕掛け投入』とか使えそうですね。

 

 今のところは、仕事の合間の気分転換で十分に元が取れてます。