初体験

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 暮れの大掃除で、年明け早々までドタバタしておりました。そしてようやく家族で外出することができたのが開けて三日目の昨日。それでも出かける準備が済んだのは11時。慌てて関越高速道路に乗って、一路猿ヶ京温泉へ向ったのですが、赤城SA直前で渋滞?!

 これが、よく道路情報とかで耳にする『チェーン規制』というやつでした。恥ずかしながら今まで生きてきて、実はこの『チェーン規制』という奴は初体験なのでした。

雪が降ると分かっている時に高速道路に乗ることはありません。チェーンを履いて一般道というのが当たり前でしたから。

 強制的にSAへ誘導され、出口チェックで再流入。こんなことはドライバーの自己管理内なのでしょうが、ここまでやっても『ノーマルタイヤ』で行っちゃう人もいるんでしょうね。 

 その後もスタッドレスにどれだけ『過信』してるのかわかりませんが、普通に80km以上で吹っ飛んでいくドライバーの多いこと多いこと。こんな日の逐一変化する路面状況を完全に把握できている人なんていないと思うのですが、無知ほど怖いものはありません。日本のような雪道が、実は一番滑りやすいと言われているのはあまり知られていないようです。