ここに来て‥‥

 今月に完納予定のオリジナル日釣り鑑札4000枚の製作作業が終わり、本日無事に出荷まで漕ぎ着けたのでした。

それと共に同時進行していた、来月オープンを控えている居酒屋さんのメニューの初校も提出。ここでようやく先が見えて来ました。

 明日からは、クライアント様の月曜日の会議に間に合わすべく、展示会用のパネル5枚分の修正手直しに着手出来そうです。

 

 その次のお仕事ではJANコードラベルの製作依頼をいただいております。ロット自体少量ですが、総アイテムで250個を超えるる種類。これを普通にJANコードラベル専門のネットプリントを介して作ろうとすると、なんと軽く200万円を超える金額になってしまいます。大手ネットプリントで似たようなものを作ったとしても80万円は下りません。

 

 ネットプリント=『安い』というのは、もっとも一般的とされる規格内印刷物だけの話。規格外品というのは値段の割には手間が掛かる分(案外)印刷会社としては強気に来るものです。面倒な割に薄利ですから、会社としては『あまりやりたくない』仕事とも言えます。元印刷屋でしたので、そこら辺の心情はよ〜くわかります。

 ただ、今の自分の立場としては『そこ』が付け入る隙なんですけどね。乞うご期待!