パンフレット完成

 20Pフルカラーのパンフレットが、ようやく完成しました。今回は前職の印刷会社に印刷を依頼。価格は巷のネットプリントの何倍もお高いのですが(ネットプリントが安すぎるだけです)出力データに合わせて適正なインク量で調整され仕上げられた印刷物となると仕上がりのクォリティーは当然違います。(‥‥と言っても、それはあくまでプロが見ての判断ですけどね)

 

 強いて挙げるとすれば、弊社の校正とオフセット印刷時の色の差異。現状のデータでは若干暗い感じです。ここら辺は若干の補正の必要性を感じずに入られません。

 印刷業は何年やっても常に新しいことの発見の方が多く、終わりはありません。以前であれば現場の職人が調整していた作業の大半がデータ化され、印刷物の仕上がり自体に大きなズレは生じなくなったものの、それでもあと一歩のところは、やっぱりオペレータのスキルに頼る部分が必要を感じます。

 

 そこら辺は自動車の運転自動化と同じことが言えるのかもしれません。